個人信用情報機関って何?

個人の顧客からクレジットカード発行の申し込みがあったとき、顧客に対してどのくらいの与信枠(信用を与える、という意味の金融用語)、つまりショッピング枠やキャッシング枠を準備するか、もしくはカードの発行自体を許可するのかどうかを、顧客の記入した申し込み書の情報からだけで決めることはできませんし、いちクレジットカード会社の持っている情報だけでは判断できません。

そこで、クレジットカード会社が適正な与信判断のひとつの材料とするために保管されている個人情報を提供するのが、個人信用情報機関です。

クレジットカード会社は必ずひとつ以上の個人信用情報機関に加盟していて、自社の持っている顧客のカード利用情報や過去の事故事例を提供し、他社からの情報を個人信用情報機関を通して受け取っているのです。

個人信用情報機関には、顧客情報や債務情報が保管され更新されています。

登録されている情報は、 ・氏名、生年月日、電話番号、勤務先などの顧客情報
・過去のカード、ローンの利用歴、返済金額や期日、残高などの債務情報
・過去の延滞や滞納、未納などの事故情報
です。

複数のクレジットカードを煩雑に利用していても、きちんと返済していれば良好な利用者と見なされます。

逆に延滞・滞納を繰り返していればマイナス用件になりカードの発行を見送られるかもしれません。

カードを初めて作るときは、まだ個人信用情報機関に情報がありませんから、一度にたくさんのカードを申し込むと発行を拒否されてしまう可能性があります。

初めて申し込むときに記入した事項は、個人信用情報として登録されますから、事実と違うことを記入してしまうと、後々の照会時に信用を下げることがありますので注意しましょう。