ビタミンB12の効果って?

ビタミンB12は血液にとって重要な栄養素のひとつで、貧血の予防改善に効果があることでよく知られています。

貧血と言うと鉄分不足を思い浮かべる方が多いようですが、実はビタミンの欠乏による貧血もかなりの症例が報告されています。

特に悪性の貧血として知られる「巨赤芽球性貧血」は、ビタミンB12が不足し、赤血球が成熟することが出来ずに、異常な赤血球が作られてしまい発症することが多いとされています。

ビタミンB12は動脈硬化の予防・改善にも効果を発揮します。

アミノ酸の代謝過程で発生する物質「ホモシステイン」の血液中濃度が高くなりすぎると、動脈硬化のリスクが高まります。

ビタミンB12は葉酸などと同じく、このホモシステインを下げる働きがあることが分かっています。

近年注目されている効果としては、ビタミンB12による不眠症の改善が挙げられます。

人間の睡眠をつかさどるのは脳から分泌されているメラトニンというホルモンなのですが、ビタミンB12はこのメラトニンの働きを調節する役割を担っています。

ビタミンB12を適度に補うことで、睡眠と覚醒のサイクルが整い、不眠症を緩和する働きがあると考えられています。

さらにビタミンB12は、DNAの主成分である核酸やタンパク質、脂質の合成・修復を行います。

結果として神経の安定や、集中力の向上など、精神の働きにもプラスに作用すると考えられています。

この作用によって、女性においては月経時のイライラの緩和なども期待できます。